株式会社 CQ-Sネット 本文へジャンプ
ようこそ システム製品情報 解説資料 センサー製品情報 解説記事 収録サービス お問い合わせ 会社概要
IP-Boardシステム

IP BOARDは、電子ペン対応ホワイトボード、電子ペン、プロジェクタ、アプリケーションソフト、パソコンによって構成されます。

インタラクティブホワイトボード(パソコンとの相互作用が可能な電子黒板)は世界で急速に普及しつつある、従来の黒板や白墨に取って代わる画期的なデジタル授業やデモ用の設備です。この製品には先端電子技術、ソフトウェア技術およびインターネット技術等さまざまなハイテク要素が含まれ、授業におけるマルチメディア化を実現しており、数百年にわたって使われてきた黒板、白墨、消しゴムを用いる授業方式への革命と言える画期的な製品です。
インタラクティブホワイトボード「IP BOARD」はパソコンを中心とする、パソコンと人間との対話機能を持つ入力設備であり、プロジェクターやパソコンと連携し、パソコンのデータ処理機能を利用して、書き込み、マーキング、図形の描画、編集、印刷、保存等の機能を簡単に実現できます。我々は、インタラクティブホワイトボードが近い将来に授業、ミーティング、遠隔教育および情報交流における主な手段になることを確信しております。

カタログ)



IP BOARDは、ネットワークへ接続する事で 遠隔地へも電子黒板に書かれる文字や絵を書いているそのままをリアルタイムに伝送できます。
また、講師の映像、音声を同期させて記録が出来ますので講義や討議が終了した後で初めから再生することで何回でも授業が再現出来ます。

更に VoteSystem(リモコン)を組み合わせる事で授業の理解度を確認したり アンケート調査をしたりする事も可能です。
4択問題や○×形式の設問を用意しその場でクイズ形式でボタンを押すと その場で集計を行いグラフ化して結果を提示できます


IP BOARDは、非接触ICカード等で認知度が高まった電磁誘導技術を活用しています。電子ペン先(非接触ICメディア)が発する微弱な電磁を、ボード側のコイルセンサーが受けて位置認識をしています(ボードが電磁を発するタイプではないので人体にも安全です)。

セッティング時にホワイトボードに投射された画像と、電子ペンで位置決めを行なうことにより、投射画像と電子ペン操作をマッチングさせています。

電子ペンの細かい動きもスピーディに追従でき、マトリクスの密度が緻密なため、細かい書き込みも再現できます。その分解能は1インチ角当たり8192×8192で、電子ペンの動き、トラッキング速度は一秒間で17メートルと、電子ペンの素早い動きにも対応できます。
また従来は、実現しにくかった毛筆タッチも基本機能で実現できます




2つの電子ペンで操作できるデュアル電子ペンタイプも用意しています。また、ロングタイプの電子ペン(54.5cm)もございます。

パソコンの表示画面をプロジェクタでIP BOARDに大きく投射でき、サイズも各種
用意。教室やセミナールームの後方でも、クリアに文字や画像を視ることができます。

IP BOARD表面は堅牢で、100kgの衝撃でも壊れません。ガラスのように割れて破片が飛び散る危険はありません。


パワーポイント感覚で様々な機能が利用できる基本ソフトが付属で付いてきます。

パソコン用のアプリケーションをプロジェクタでボードに投射して電子ペンでコントロールするので、パワーポイント、ワード、エクセルをはじめ、あらゆるアプリケーション・ソフトに対応できます。



電子投票システム:

 〜256人の同時投票、集計が可能です。結果は、棒グラフ、円グラフでその場で表示が出来ます。