株式会社 CQ-Sネット 本文へジャンプ
ようこそ システム製品情報 解説資料 センサー製品情報 解説記事 収録サービス お問い合わせ 会社概要
会社概要


イメージ ○会社名 :   株式会社CQ-Sネット

○所在地 :   〒221-0064 横浜市神奈川区鳥越 7-8
 
○電話 :     050-2200-6537

○FAX :     045-402-1943

○メールアドレス: info@cq-snet.com

○代表者 :    齋藤 光正

○資本金 :    1000万円

○設立   :    2009年4月

○事業内容 : ネットワーク看護支援システム開発、販売
          e-learningシステム開発、収録、配信サービス
          高度管理医療機器、管理医療機器 、
           特定保守管理医療機器の販売
、賃貸
        



○提携病院: 斎藤内科医院 〒215-0021 川崎市麻生区上麻生3ー13-1-912 044-9694181

○取引銀行 : 三井住友銀行 東神奈川支店 

○関連会社 : ユーロ・プロテック株式会社、

○主取引先 : 国立、公立、私立大学、専門学校、地方自治体、製薬企業、(独)研究所

○主要取得特許 : 特許 95件 実用新案 5件 

○設立趣旨 : 

わが社は、情報家電技術(映像、音声、ソフトウェア、ICT)をベースにして教育や医療、看護、介護のエリアに新たな価値ある商品を創造する事を目的に設立いたしました。

急速に進む高齢化、核家族化の中で、在宅患者が置かれている環境は、非常に厳しさを増しています。
住み慣れた地域で患者が最愛の家族・知人に囲まれて安心して生活を持続したいと願う方々の話を聞く中この問題を改善するには、医療関係者だけでなく 多職種の方々の支援が必要であると考えています。

現在の在宅医療分野は、技術的な課題の他に 制度的な問題も多数存在しますが、実際の医療現場の「治す医療」に加え「支える医療」の取り組みが必要だと感じております。

現在、患者が病院を退院する際、医師をはじめとする多職種の専門職の方々が集まり退院前カンファレンスを開催し、患者の住み慣れた地域での生活を支えるプランを検討・作成します。地域の医療や介護の関係職種に伝達されたプランを基にして、治療は地域の医師や訪問看護師や薬剤師の協働により継続され、生活を支える介護は介護支援専門員によりケアプランとして介護職に伝達・継続され、その結果として患者は住み慣れた地域で安心して生活できる話となっていますが、うまく連携や情報共有が出来ないケースが少なくない様です。 

@訪問する都合がつかない(時間が合わない、距離が離れている) A24時間対応は、無理がある B何となく体調が思わしくないが検査では、入院の必要なし C病院へ出向くと長い時間待たされる など患者側、医療関係者側にも何となく対応できない壁がある様です。 

現在、 ICT技術(時間と距離の壁を越える事が出来る)を活用することにより これらの壁の改善が期待できる商品の開発が進んでおります。

 医療現場を担当する「治す医療」に加え「支える医療」の取り組みの一翼を担い、安心して楽しい生活をおくれる社会の実現へ向けて取り組んで行く所存です。

皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますよう お願い申し上げます。